twitterアカウントを同じメアドで複数作成する3つの方法

twitter

この記事では、

ゆうた

新しくメアドを作成するのはめんどくさいけど、twitterアカウントを複数個作成したい。いい方法ないかな

という疑問を解決します。

Gmailのエイリアス(別名アドレス)を利用する

同じメールアドレスで複数のtwitterアカウントを作る方法に、Gmailのエイリアス(別名アドレス)を利用する方法があります。エイリアス(別名アドレス)を利用すれば、1つのアドレスを複数の用途に使い分けることができます。

その方法には

  • +(プラス)を付ける
  • .(ドット)を付ける
  • @googlemailを使う

の3つがありますので、一つずつ説明していきます。

+(プラス)を付ける

1つ目は+(プラス)を付ける方法です。
あなたのメアドが例えば username@gmail.com だとします。その場合、

username+任意の文字列@gmail.com

のように「+任意の文字列」を付けて登録しても username@gmail.com 宛に届きます。

例えば次のようなメールアドレスです。

  • username+@gmail.com
  • username+biz@gmail.com
  • username+anime@gmail.com

+の後に何もつけなくてもようですし、付けても良いです。+bizは仕事用アカウント、+animeはアニメ用アカウントのようにして分けるのもアリですね。

この方法を使うことで、twitter側では別なメールアドレスとして認識されるため、twitterアカウント作成の際に、「このメールアドレスは既に使われています。」と警告されず、アカウントを作成することができます。

.(ドット)を付ける

2つ目は、.(ドット)を付けるという方法です。

  • user.name@gmail.com
  • u.sern.ame@gmail.com
  • u.s.e.r.n.a.m.e@gmail.com

このように、何個でも.(ドット)を付けられます。

この際の注意点として、以下の2つがあります。

 

  • .(ドット)を連続して付けない
  • @も直前に.(ドット)をつけない

 

つまり、
user..name@gmail.comusername.@gmail.com と登録すると、username@gmail.com と同じメールアドレスと認識されずに失敗してしまいます。

@googlemailを使う

3つ目は、@googlemailを使うという方法です。

  • username@gmail.com
  • username@googlemail.com

はどちらも同じメールアドレス宛に届きます。

Twitter削除後にすぐに新しいアカウントを作る際にも使える

この方法は、Twitter削除後にすぐに新しいアカウントを作る際にも使えます。というのも、Twitterアカウントは削除しても30日間はアカウントが残り続け、同じメールアドレスでは新規アカウント登録ができないのです。

その際にも上記で紹介したように、

  • username+@gmail.com
  • user.name@gmail.com
  • username@googlemail.com

などとして、新しいアカウントがすぐに作成できます。

MEMO

twitterアカウントを削除しても30日以内にログインしてしまうと復活してしまいます。

そうならないコツは、旧アカウントのパスワードを変更しておくことです。

これにより、ブラウザが記憶していた以前のパスワードで間違ってログインしてしまうことがなくなります。