起業のモチベーションを上げる5つの方法【科学が証明】

起業のモチベーションを上げる5つの方法【科学が証明】

起業家

起業したけどモチベーションが上がらない.. どうやったらモチベーションをあげられるのかな..

といった疑問に答えます。
本記事では、起業のモチベーションが上がらない理由とその解決策を解説します。

先日、以下のようなツイートをしました。

https://twitter.com/youdien_blog/status/1137138936915013632

✅モチベーションが上がらない2つの理由

・自分の欲求と環境の不一致(外的要因)
・なんとなく気分がのらない(内的要因)

外的要因の場合には思い切って環境を変えてみるのが吉。内的要因の場合にはモチベを上げる科学的方法を使いましょう。

本記事でこれを深掘りし、起業に当てはめて解説します。

起業のモチベーションが上がらない2つの理由

起業のモチベーションが上がらない2つの理由

起業のモチベーションが上がらない理由は、以下の2つのうちのどちらかです。

  • 外的要因:起業した理由が存在し、それが満たせていない状態
  • 内的要因:なんとなく気分がのらない

外的要因:起業した理由が存在し、それが満たせていない状態

これは「〇〇と理由で起業したけど、実際には〇〇ではなかった」という状態のことです。

  • 自由に働くために起業した→実際には自由じゃないからモチベ下がる
  • 金持ちになるために起業した→なかなか稼げないからモチベ下がる
  • かっこいいから起業した→現実は地味だからモチベ下がる
  • 女の子にモテるから起業した→女の子と話す時間すらないからモチベ下がる

内的要因:なんとなく気分がのらない

なんとなく気分がのらないのは、メンタルの問題であることが多いです。

起業家

起業のモチベーションが上がらない理由は分かりました。それぞれの場合で実際にモチベーションを上げるにはどうしたら良いの?

起業のモチベーションを上げる2つの方法(外的要因編)

起業のモチベーションを上げる2つの方法(外的要因編)

外的要因が理由で起業のモチベーションが上がらない場合の解決法は以下の2つのうちどちらになります。

  • 起業した状態で解決できる内容 → 解決して頑張る
  • 起業では解決できない内容 → 起業を諦める

起業した状態で解決できる内容

起業した状態で解決できる内容には、以下のようなものがあります。

  • 金持ちになるために起業した→なかなか稼げないからモチベ下がる

この場合には、とりあえず下請けをするなどの手堅い方法でとりあえず稼いでみるなどの方法がありますね。あとは役員報酬を上げるのも良いでしょう。

  • 女の子にモテるから起業した→女の子と話す時間すらないからモチベ下がる

これも単純に「週1日は休みを取って女の子とデートをする」「仕事終わりに出会いのあるバーに行く」などの方法で解決可能です。

以上のように起業した状態で解決可能なことは原因を探り、根本的に解決すればOKです。

起業では解決できない内容

起業では解決できない内容には、以下のようなものがあります。

  • 自由に働くために起業した→実際には自由じゃないからモチベ下がる

これは起業では解決できませんよね。もし自由は働き方をしたいのであれば、フリーランスになるなどの他の手段もあるわけなので、そういう他の選択肢を考える必要があります。

  • かっこいいから起業した→現実は地味だからモチベ下がる

これも同様に起業したままでは解決しようのない問題です。自分がもっとかっこいいと思う職業に就きましょう。

以上のように、起業自体をやめてしまうのも1つの選択肢です。

「起業」は何かを達成するためのツールでしかないので、必要ないなら使う必要はありませんよね。

起業のモチベーションを上げる3つの方法(内的要因編)

起業のモチベーションを上げる3つの方法(内的要因編)

内的要因が理由で起業のモチベーションが上がらない場合の解決法は以下の3つです。

  • SPIREフレームワーク
  • if-thenプランニング
  • WOOP法

これらはどれも科学的に効果が証明されており、かなり有効な方法です。

SPIREフレームワーク

SPIREフレームワークは、仕事で意味の感覚を持てるようになるための方法です。つまり仕事のモチベーションを高めることに繋がります。

具体的なステップは以下の通りです。

  1. Strengths(強み):自分の強みを仕事に活かせるか考える
  2. Personalization(個別化):仕事が自分の価値観に合っている部分を探し、主導権を持った感覚を得る
  3. Integration(統合):仕事のモチベーションをプライベートでのモチベーションと一致させる
  4. Resonance(共鳴):組織の価値観と自分の価値観を一致させる
  5. Expansion(拡張):自分の仕事が社会貢献につながる方法を探す

起業の場合には以下のようになります。

  1. Strengths(強み):(例)自分は「行動力」と「論理的思考力」が高いから、営業や交渉の際に活かせるぞ
  2. Personalization(個別化):(例)会社が成功することで、社長である自分の成長にもつながるぞ
  3. Integration(統合):(例)仕事でもプライベートでも社会の役に立つことをしたい
  4. Resonance(共鳴):(例)組織と個人のどちらの価値観も「主体性」だ
  5. Expansion(拡張):(例)このサービスを作れば、日本中の若者が喜ぶぞ

参考:「仕事に意味が感じられない!」を解決するコロラド州立大学式「SPIRE」フレームワーク

if-thenプランニング

if-thenプランニングは、目標達成のためのテクニックの1つです。

具体的な方法は以下のみです。

もしXが起きたらYをやる

例えば、

  • 朝起きたら仕事机につく
  • イベントの懇談会が始まったら登壇者に話に行く

などのようにためらってしまうようなことに関してif-thenプランニングを使うことで、習慣化することができます。

参考:目標達成にはやっぱり「if-thenプランニング」が最強説

WOOP法

WOOP法とは、目標達成率を2倍にすることが研究で証明されている方法です。

WOOP法は、以下の4つのステップで構成されています。

  • 願望(Wish)
  • 成果(Outcome)
  • 障害(Obstacle)
  • 計画(Plan)

具体的な手順は以下のとおりです。

  1. 瞑想するように目を閉じる
  2. 願望:自分が抱く不安を詳細にイメージし、達成可能なレベルの目標を設定します
  3. 成果:2で考えた願望に対する理想的な成果を思い浮かべます
  4. 障害:3の成果を達成するために障害になるものを詳細にいくつも思い浮かべます
  5. 計画:上記で解説したif-thenプランニングで計画を立てます

起業の場合には以下のようになります。

  • 願望:年間売上1,000万円達成
  • 成果:金持ちになる
  • 障害:毎日の仕事始めがしんどい
  • 計画:もし「仕事始めがしんどかっ」たら「仕事椅子に座る」

参考:目標の達成率が2倍に高まる『WOOP』の法則

まとめ

まとめ

起業のモチベーションが上がらないときには、まずはそれが外的要因か内的要因かをあぶり出した上で、それぞれに効果的な解決法を試していきましょう。

上記の方法で解決しないという場合には、単純に体調が悪いという可能性がたかいので、「【保存版】やる気が出ない?やる気の出し方におすすめな方法11選+α」の方法を試すと良いかと思います。

体調を良くしてやる気を出す方法の他にも細かいテクニックをいくつか紹介しています。

【保存版】やる気が出ない?やる気の出し方におすすめな方法11選+α【保存版】やる気が出ない?やる気の出し方におすすめな方法11選+α