【体験談あり】起業の大変さはどのくらい?【大変さは4種類ある】

【体験談あり】起業の大変さはどのくらい?【大変さは4種類ある】

起業って大変なの?起業の大変さにはどんなものがあるのだろう..

といった疑問に答えます。
本記事では、起業の大変さを種類別に紹介し、それぞれの解決策も解説します。

僕は起業経験があるので、その時の体験談も交えながら解説します。

起業の大変さはどのくらい?

起業の大変さには以下の4種類があります。

  • 事業発足
  • 人間関係
  • 仕事内容
  • 精神面

事業発足

事業発足

事業発足の大変さは以下の2つがあります。

  • 起業アイデアが見つからない
  • 起業仲間が見つからない

起業アイデアが見つからない

起業アイデアがなかなか見つからないと、事業が進まずに大変です。

起業アイデアが見つからないという状況には、以下の2つがあります。

  • 起業当初にアイデアを見つける時
  • 起業後にアイデアが悪いと分かった時

起業当初にアイデアがないと言う状況はよくある話ですが、起業後にアイデアが悪いと分かりピボット(事業の方向転換)をする時がもっとも大変です。

すでに社員を雇っていたりオフィスを借りていたりしていたら、アイデアが見つからない間の支出がかなり痛手になります。

解決策

起業アイデアが見つかない場合には「【保存版】起業するなら知っておきたいアイデアの見つけ方【課題とニーズ】」と「【1兆円企業に学ぶ】流行りの起業アイデアの見つけ方【パクってOK】」の記事を読んでみてください。

起業仲間が見つからない

起業仲間が見つからない大変さもあります。

起業アイデアも事業計画書も完璧に作ってしまったけれど、それを作れるエンジニアがいないという状況だとなかなか大変ですね。

解決策

起業仲間が見つからない場合には「【重要】起業仲間・メンバー集めの3つのコツ【裏切り・仲間割れ】」を読んでみてください。

人間関係

人間関係

人間関係の大変さには以下の2つがあります。

  • 共同創業者との関係
  • 投資家との関係

共同創業者との関係

共同創業者との関係で悩んでいる起業家も多くいます。

起業家の共同創業者の悩みには以下のようなものがあります。

  • 共同創業者との仲が悪くなる
  • 共同同業者がやる気をなくす
  • 共同創業者が逃げ出した

解決策

馬の合わない共同創業者と起業してもうまくいきませんので、「【重要】起業仲間・メンバー集めの3つのコツ【裏切り・仲間割れ】」を読み、最初から良い共同創業者を見つけましょう。

投資家との関係

投資家には色々なタイプがいるので、資金調達をする際には十分に気をつけてください。

大きく分けて投資家には以下の2つのタイプがいます。

  • ハンズオフ:事業にはほとんど口出ししない投資家
  • ハンズオン:事業に積極的に関与してくる投資家

投資家に何を求めるかによっても上記のどちらを選ぶかは変わってきますが、ハンズオンの場合には投資家の人柄がより重要になってきます。

解決策

投資家を選ぶ際には、かならず知り合いの起業家から評判を聞いておくことをおすすめします。評判の悪い投資家なら、迷わず断りましょう。

仕事内容

仕事内容

起業した際の仕事内容の大変さは以下の通りです。

  • 長時間労働
  • 泥臭い仕事が多い
  • 営業が大変

長時間労働

起業したら週7日10時間労働なんてざらにあります。

しかも起業初期はこれを無給で半年〜1年間くらい続ける必要があるので、なかなか大変ですね。

解決策

これには解決策はありません。

起業するということは、無給で長時間労働することだと覚悟しておいた方がいいでしょう。

泥臭い仕事が多い

「起業=好きなことだけできる」というわけではありません。

例えば「ものづくり」だけが好きな場合でも、営業やバックオフィス系の作業などすべて創業者でやる必要があります。

  • 営業
  • 資金調達
  • 契約書の査読
  • 会計処理
  • etc..

解決策

社員を雇ったり外注したりする方法があります。

ただし、どちらの場合にもお金がかかるので、起業初期のお金がないころは創業者で分担してやることが多いでしょう。

営業が大変

起業直後は営業が大変です。

なんの実績もまだない状態では、営業の大変さは尋常ではないでしょう。

解決策

この解決策は、「実績を作る」の一択です。

ただしその方法には以下のような方法があります。

  • 実務実績を作る
  • メディアの取材を受け、業界で有名になる
  • イベントに登壇して、業界で有名になる
  • SNSで発信して、業界で有名になる

前評判があれば実務実績ゼロでも仕事をくれる顧客は結構いるものです。僕もこのテクニックを利用して仕事を受けました。

精神面

精神面

起業した際の精神面の大変さは以下の通りです。

  • 不安が多い
  • ストレスが多い

不安が多い

起業家という生き方は、従来のレールからはそれた生き方ですので、不安になることも多いです。

特に同世代が大企業に就職している場合には、自分の選択は本当にこれで正しかったのだろうかと自問自答することも多いかも知れません。

解決策

起業の不安解消テクニックは、「起業の不安を解消する5つの方法と3つのステップ【効果は実証済み】」を参考にしてください。

ストレスが多い

起業家にストレスは付き物です。

実際に起業家が精神疾患にかかりやすいというデータもあります。

その理由は以下の通り。

  • 無給で長時間労働
  • 共同創業者との関係悪化
  • 社員や投資家に対するプレッシャー
  • 世間に抗うためのプレッシャー
  • 周りの起業家と比べてしまい劣等感
  • 常に仕事のことが頭から離れない
  • 顧客との関係
  • etc..

解決策

起業のストレスに負けないためには、ストレス解消のテクニックを知っておく必要があります。

ストレス解消のテクニックを知るには「超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド」がオススメです。

まとめ

本記事を読んで起業がどのくらい大変かが分かったかと思います。

より詳しく知りたい方は、僕の起業ストーリーも読んでみてください。

≫ 22歳の起業ストーリー【鬱になって5kg痩せた】