【体験談】起業が難しくない3つの理由←でも超シンドイ【対処法を紹介】

【体験談】起業が難しくない3つの理由←でも超シンドイ【対処法を紹介】

起業は難しいのかな.. 真実を知りたいです..

といった疑問に答えます。

結論:起業は難しくないです。しかし超シンドイです。

本記事の内容

  • 起業が難しくない3つの理由
  • 起業がシンドイ4つの理由
  • 起業がシンドイ状態の4つの対処法

僕は以前起業しており、その時の体験談も踏まえながら解説していきます。

起業が難しくない3つの理由

起業が難しくない3つの理由

起業は基本的に難しくありません。その理由は以下の通りです。

  • スキルがいらない
  • お金がいらない
  • 売上を立てるのは簡単

スキルがいらない

起業にはスキルが必要と思われていることも多いですが、実は必要ありません。

その理由は、起業して必要な時に必要なだけのスキルを都度習得したほうが、圧倒的に効率的だからです。

以前に関連記事で「IT起業に必要なスキルは「行動力」のみです【プログラミング不要】」や「【結論】起業に「プログラミング」は不要です【ただし…】」を書いているので、参考にしてみてください。

お金がいらない

起業にお金はほとんど必要ありません。

IT起業の場合、必要なコストはほぼ0です。それが以外の場合でも、資金調達をすればよいのです。資金調達の手段も豊富で、以下のような方法があります。

  • 助成金・補助金
  • エンジェル投資家から資金調達
  • VCから資金調達
  • クラウドファンディング

売上を立てるのは簡単

仕事内容さえ選ばなければ、起業して売上を立てるのは簡単です。

特にIT関連ですと、ネット経由でいくらでも仕事を受注することが可能です。SNS経由やブログ経由、クラウドソーシング経由など様々な方法で仕事を受注できます。

人脈があるのであれば、人脈を伝っていけば仕事が舞い込んでくることも多いです。

起業は難しくないけど、シンドイ4つの理由

起業は難しくないけど、シンドイ4つの理由

上記で説明したように、起業は決して難しくありません。しかし、シンドイことも結構多いです。

起業初期は無給で毎日10時間労働

起業初期において、収益が上がらないうちは毎日無給で10時間労働なんてことも多いです。

特に自社サービスを作るなら、収益が上がるまでにかなりの時間がかかります。それまでの間、収入が0円という状況でひたすら耐え忍ぶ必要があります。

  • 収入0円
  • 週7日の10時間労働

僕が起業したのも自社サービスの開発が目的でしたので、最初の半年くらいは無給で週7日、毎日10時間労働の日々が続きました。

自社サービスの成功を信じているとは言え、なかなかシンドかったですね。

仲間が裏切る

起業の仲間(共同創業者)が裏切るという話は、起業界隈では本当によく聞きます。

裏切るとは具体的には、

  • 株式を持ったまま逃亡
  • まったく働かなくなる
  • 精神状態を追い詰めてくる

などです。

実際に僕が起業を断念した理由も、仲間の裏切りが原因です。ここの話は「22歳の起業ストーリー【鬱になって5kg痩せた】」で詳しく書いているので、興味ある方は読んでみてください。

投資家がうるさい

投資家から資金調達をするのは簡単ですが、うるさい投資家も中にはいます。

良く言えば「面倒見の良い」投資家なのですが、起業家の精神状態によっては起業家をさらに追い込む存在にもなりえます。

僕の場合には、起業仲間の裏切りが発生し、精神が追い詰められている時に投資家からチクチクと追い詰められ、解散を決意しました。

不安にさいなまれる

起業家という職業は、社会のレールから外れた生き方ですので、不安も多くあります。

さらに会社の売上も立たず、会社や事業の方針にも迷っている状況では、将来の不安が頭をもたげるということもあるでしょう。

  • 会社の売上が立たない
  • 会社や事業の方針に迷う
  • 就職した同期と比べてしまう

起業家という職業は、他の職業に比べると精神疾患になる確率が圧倒的に高い職業なので、ストレスを上手に解消しなければなりません。

起業がシンドイ状態の4つの対処法

起業がシンドくなくなる4つの方法

起業のシンドさを解消する方法を解説します。

基本的には、上記の「シンドイ」4つのポイントの対策です。

起業前に貯金をしておこう

起業する前には必ず1年分の生活費を作っておきましょう。

起業すると1年くらいは収益が上がらないことを覚悟すべきです。貯金があれば精神的に余裕が生まれますが、逆に貯金がないと精神が不安定になったり、やりたくもない仕事を受注したりしてしまいます。

仲間選びには気をつけよう

起業仲間選びには十分な注意を払いましょう。

起業仲間を選ぶことは、結婚することと同じくらい慎重になるべきです。

裏切りが起きないための起業仲間の見つけ方は「【重要】起業仲間・メンバー集めの3つのコツ【裏切り・仲間割れ】」で解説しています。仲間と起業するなら必読です。

必要性が生じるまでは資金調達しない

必要性が生じるまでは資金調達は絶対にすべきではありません。

資金調達をするということは、以下のどちらに値します。

  • 借金を作るということ
  • 会社の自由を一部失うということ

借り入れをした場合には借金になりますし、株式やクラウドファンディングで資金調達する場合には会社の自由を失うことに繋がります。

株式の場合には投資家、クラウドファンディングの場合には支援者があなたの会社の方針の一部を制限することに繋がるということを覚えておきましょう。

不安解消テクニックを知っておこう

起業に不安な感情は付き物です。

不安を初めから避けるのは難しいので、不安な感情への対処法を知っておきましょう。

関連記事に「起業の不安を解消する5つの方法と3つのステップ【効果は実証済み】」がありますので、ぜひご一読ください。

まとめ

起業すること自体は難しくなく、とても簡単です。

そのかわりに、精神的にシンドイことが多いので、本記事で取り上げたような対処法を駆使して、上手に対処していきましょう。

本記事で紹介した関連記事を貼っておきます。

関連記事