セブンカード・プラスのメリット・デメリットを徹底解説!nanacoでお得に

セブンカード・プラス

この記事では、

セブンカード・プラスは作るべき?メリット・デメリットは?

という疑問を解決します。

セブンカード・プラスとは?

セブンカード・プラスとは、セブン&アイHLDGSの発行しているクレジットカードのことです。

セブンカード・プラスには以下の2種類があります。

  • nanaco機能が付いている一体型
  • お持ちのnanacoと紐づけて使う紐付け型

nanaco機能が付いている一体型

nanacoをお持ちでない方や財布をかさばらせたくない方には、nanaco一体型がオススメです。

一体型のメリットは以下の2つです。

  • 財布がかさばらない
  • nanacoにオートチャージができる

nanacoは前払式のカードなので、通常はお金を事前にチャージしないとレジで使えません。

しかしnanaco一体型を利用することで、オートチャージ(自動でチャージ)してくれるので便利です。

お持ちのnanacoと紐づけて使う紐付け型

nanaco紐付け型は、すでにnanacoをお持ちの方やnanacoモバイルをご利用の方にオススメです。

セブンカード・プラスの年会費は?

セブンカード・プラスの年会費は以下のとおりです。

  • 本会員:初年度無料 次年度以降500円(税込み)
  • 家族会員:初年度無料 次年度以降200円(税込み)

家族会員とは、家族で2枚目以降の追加カードを作った会員のことです。

また、前年度の本会員と家族会員のクレジットカード合計利用額が5万円以上の場合は年会費が無料になります。

セブンカード・プラスのポイント精度と還元率について

セブンカード・プラスのお支払いでもらえるポイントは、nanacoポイントです。

nanacoポイントは、レジでお申し出することでnanacoの電子マネーに交換できます。

セブンイレブンでは各種サービスで利用可能なポイントを購入できますので、以下のポイントにも交換可能です。

  • クオカード
  • iTunesカード
  • Amazonギフト券
  • Google Playカード
  • ニンテンドープリペイドカード
  • 楽天バリアブルカード

とても汎用的に使えますね。

 

また、セブンカード・プラスの還元率は0.5%です。

楽天カードなど還元率が1%のカードも多いので、セブンカード・プラスの還元率は決して高いとは言えません。

ただし、セブン&アイグループ利用ならポイントが1.0~1.5%貯まります。

1.0%貯まる店舗は以下のとおりです。

  • 西武
  • そごう
  • アリオ
  • セブンネットショッピング

1.5%貯まる店舗は以下のとおりです。

  • イトーヨーカドー
  • ヨークマート
  • セブンイレブン
  • デニーズ

これらの店舗によく通われる方はお得にポイントを貯められます。

また、それ意外の方もnanacoで税金・公共料金を支払うことでお得になります

後で解説していますので、読み進めていただけるとうれしいです。

nanacoにチャージしてnanacoポイントを貯める

セブンカード・プラスでnanacoにチャージするだけでnanacoポイントが1.0%貯まります。

nanacoを利用することが多い人なら、nanacoにチャージするだけでポイントが貯まるのはうれしいですね。

nanacoが使えるお店はどこ?

nanacoを使えるお店は以下のとおりです。

nanacoが使えるお店は意外と多いです。

以下のジャンル別にご紹介します。

  • 百貨店・コンビニ・スーパー
  • グルメ・飲食
  • 生活・暮らし
  • ドラッグストア・コスメ
  • ショッピングセンター
  • ガソリンスタンド
  • ネット
  • エンターテイメント・趣味
  • スポーツ
  • 空港
  • その他

百貨店・コンビニ・スーパー

百貨店・コンビニ・スーパー

百貨店・コンビニ・スーパー

セブンイレブン、イトーヨーカドー、西友、ヨークマートを始め、たくさんの店舗で使えます。

グルメ・飲食

グルメ・飲食

グルメ・飲食

デニーズ、マクドナルド、ココイチ、ミスタードーナツと定番の飲食店で利用可能です。

生活・暮らし

生活・暮らし

生活・暮らし

ビックカメラやロフトで使えるのはとても嬉しいです。

ドラッグストア・コスメ

ドラッグストア・コスメ

ドラッグストア・コスメ

サンドラッグなどドラッグストア各店で使えます。

ショッピングセンター

ショッピングセンター

ショッピングセンター

ガソリンスタンド

ガソリンスタンド

ガソリンスタンド

ネット

ネット

ネット

オムニ7でももちろん使えます。

エンターテイメント・趣味

エンターテイメント・趣味

エンターテイメント・趣味

ラウンドワン、タイトー、カラオケ館で使えるのはうれしいですね。

スポーツ

スポーツ

スポーツ

空港

空港

空港

成田国際空港で使えるのは便利です。

その他

その他

その他

コカ・コーラ自販機とヤマト運輸で使えるのは地味に便利ですね。

nanacoは税金の支払いにも使える

セブンイレブンでは税金をnanacoで支払うことができます。しかし、税金の支払いではnanaco自体のポイントはもらえません。

ただしnanacoにセブンカード・プラスでチャージする際には同様に1.0%ポイントがもらえます。

ですのでお得に税金の支払いができるのです。

nanacoで支払える税金の一覧は以下のとおりです。

  • 国民年金
  • 国民健康保険
  • 固定資産税
  • 所得税
  • 県民税・市民税(住民税)
  • 消費税
  • 不動産取得税
  • 自動車税
  • 軽自動車税

nanacoは公共料金の支払いにも使える

公共料金もnanacoで支払えるので、同様に1.0%のポイントがもらえます。

しかし公共料金はクレジットカードでも支払えるので、楽天カードなどのお得なクレジットカードを利用してもよいでしょう。

 

また、口座振替で支払うことで54円の割引がある会社が多いです。

ですので、公共料金が

  • 5,400円未満の場合には口座振替(54円 > 支払額の1%)
  • 5,400円以上の場合にはクレジットカード or nanaco(54円 < 支払額の1%)

と使い分けることにより、少しでも節約できますね。

セブンカード・プラスのメリット・デメリット

最後にセブンカード・プラスのメリット・デメリットを比較してみましょう。

メリット

  • セブン&アイHLDGSの支払いでポイントが貯まりやすい
  • nanacoチャージでポイントがもらえる
  • 税金・公共料金支払いでもポイントがもらえる

デメリット

  • 通常店舗でのポイント還元率が低い
  • 2年目以降に年会費がかかる(5万円以上利用で無料)

以上です!