【今だけ】最大70%OFF Kindle本セール

【金持ちになるための4カ条とは】「金持ち父さん 貧乏父さん」書評

金持ち父さん貧乏父さん

どうも、yutaro(@youdien_blog)です。

金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」は、お金に関する本の中でかなり有名なので、一読したいと思い、ついに読んでみました。

前半は、著者のロバート・キヨサキの少年時代に金持ち父さんに学んだ日々がストーリー仕立てで展開され、後半はロバート・キヨサキの教えが展開されます。

ロバート・キヨサキが教える「ファイナンシャルIQ」の4カ条

中でも重要なので、以下の箇所かなと思います。

ロバート・キヨサキの持論では、お金持ちになるために一番重要なのは、「お金について学ぶこと」であるということ。

お金に関するリテラシーを、本書では「ファイナンシャルIQ」「ファイナンシャル・インテリジェンス」「ファイナンシャル・リテラシー」などの言葉で紹介しているが、どれも同じことを指しています。

「ファイナンシャルIQ」の4つの要素は以下の4つとのこと。

  1. 会計力
  2. 投資力
  3. 市場の理解
  4. 法律力

これらについて学ぶことで、お金持ちになるための道が開かれるとのこと。逆に一朝一夕でできるような簡単な方法はないということです。

これらのことへの理解があれば、例えば以下の質問にも答えることができます。

「持ち家は、資産か負債か?」

ロバート・キヨサキもしくは金持ち父さんによれば、資産と負債の定義は以下のようなものであるとのこと。

  • 資産: 自分のポケットにお金を運んでくれるもの
  • 負債: 自分のポケットからお金を取り上げていくもの

この定義に当てはめると、持ち家は毎月ポケットからお金を取り上げる「負債」であることがわかります。

ファイナンシャルIQを身に付け、収入を着実に資産へと変えていくことこそが、お金持ちになるためには必要なのです。

節税のために会社を作る

ロバート・キヨサキ曰く、お金持ちになるためには、会社を作ることが重要だといいます。

会社を作る理由は、節税ができるから。何故なら、会社の従業員と経営者では、税金の順序が異なるからです。

  • 従業員: 収入→税金→支出
  • 経営者: 収入→支出→税金

これはどういう意味かというと、従業員の場合、会社から収入を得た時点でまずは税金が自動的に惹かれてしまい、残りで支出を行う必要があります。

一方で、経営者の場合は、収入が入った後に、経費という形で支出を行い、その後に残ったお金(純利益)に大してのみ税金がかかるのです。

もちろん金持ちになる思考の経営者であれば、この「支出」で資産を購入し、さらに収入をもたらすことを考えていくのです。

こうして、少ない支出を負債の購入に当てる中流階級以下と、節税対策のための支出で資産を増やしていく上流階級とに分かれていくのです。

もとはかならず取り戻す — ただでなにかを手に入れる力

優れた投資家が考えることは、「私のお金をいかに短期間で取り戻すか」ということだそうです。

彼らは同時に、「何かをただでもらえるか」ということを知るのにも熱心といいます。

重要なことは、ただ貯蓄するだけではなく、なにかに投資し、元手を短期間で回収した後に、何かをただで手に入れるために情報収集をすることであるという。

この教えは不動産や株を購入するときだけではなく、例えば本を購入したらそれをブログに書いて広告収入を得たり、学んだ内容を実践して、本の価格以上の「ただでもらえるなにか」を手に入れる時にも有効な教えだと思います。

この本の教えの通り、今後は読んだ本をこのブログにアウトプットし、実行に移していく所存です。

まとめ

この本の教えは、今まで全くお金について勉強してこなかった人にとっての最適の入門書かと思います。

著者のロバート・キヨサキ氏自体が紛れもないお金持ちであることから、お金持ちの思考法を学ぶのに役立つでしょう。

この本の教えに従い、今後は簿記やFPの資格の勉強でも始めてみようかなと思います。(実際に資格取得するかは別として)

どうも、yutaro(@youdien_blog)でした。