【LINEモバイル】通信量1GBにしたら年2万円節約+年60冊も読書量増える

LINEモバイルで1GBにしたら、年20,000円節約+年60冊も読書量が増えるよという話です。

サクッと知りたい方はこちらのYouTube動画をご覧ください。

LINEモバイル

LINEモバイルとは格安SIMの1つです。

特徴として、データフリーという機能があります。

データフリーとは、

LINEモバイルでは、対象サービスのデータ通信量を消費しないデータフリー機能を、各プランで提供しています。
データ容量を使い切っても(通信速度制限がかかっても)データフリー対象サービスの通信速度は落ちません。

データフリーとなるアプリは以下の4つです。

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

詳細は以下のとおりです。

データフリー

データフリー

リンクを踏むと容量を消費する

以上の4つのアプリはデータフリーなのですが、例えばTwitterに流れてきたネットニュースのリンクを踏んで閲覧するのには容量を消費してしまいます。

ですので、1GBプランだとネット利用を控えて、いざというときのために容量を残しておこうかなというモチベーションになります。

余った通信量は翌月に繰り越せますので、気をつけるに越したことはありません。

LINEモバイルで容量を1GBにするメリット

僕はLINEモバイルで容量を1GBにしました。

そのメリットをご紹介します。

  • 年20,000円の節約になる
  • 年60冊も読書量が増える
  • 通知から解放されストレスが減る

年20,000円の節約になる

僕は音声通話SIMというタイプを利用しています。

以前は音声通話SIMタイプで7GBプランを利用しており、月2,880円の基本料金がかかっていました。

しかし1GBプランに変更すると基本料金が月たったの1,200円しかかかりません。

1年で換算するとなんと20,160円もの節約になるのです!

年60冊も読書量が増える

一日のうちで外出中のスキマ時間というのは意外と多いものです。

だれしも1日に30分程度はあるでしょう。

1GBプランですとネットを使うことがためらわれるので、スキマ時間にkindleで読書する習慣がつきました。

1日30分読書すれば年間で180時間程度読書に割くことができます。

1冊読み終えるのに3時間かかると過程すると、年間60冊にもなります!

通知から解放されストレスが減る

ネットを頻繁に利用し通知に晒されていると、ストレスになりますよ。

科学的なデータも多く出てきています。

しかし1GBプランでは、ネット利用がためらわれますので、必然的にオフラインの操作が増えます。

結果的にストレスフリーになりますよ。