【iMovie】YouTubeスライド動画(解説動画)を作る2つの方法

【iMovie】YouTubeスライド動画を作る2つの方法

この記事では、

iMovieでYouTube用のスライド動画を作りたい。どうしたら良いの?

という疑問を解決します。

なお、Macを利用しています。

YouTubeスライド動画とは?

YouTubeスライド動画とは、スライドと声だけの以下のような動画です。

解説動画にはとても使いやすいスタイルです。

iMovieでYouTubeスライド動画を作る2つの方法

iMovieでYouTubeスライド動画を作るには、以下の2つの方法があります。

  • スライドと声を別撮りする方法
  • スライドと声を同時撮りする方法

スライドと声を別撮りする方法

では手順を説明していきます。

手順1
スライドの作成

まずは動画で利用したい画像を用意します。

必要な画像をネットからダウンロードしても良いですし、Googleスライドなどを利用してスライドをつくっても良いです。

手順2
声を録音する

次にQuickTime Player(Mac標準搭載アプリ)を利用して声の録音を行います。

QuickTume Playerを起動したら、メニューから「ファイル」→「新規オーディオ収録」とすると声を録音できます。

手順3
iMovieで動画編集

最後に画像と声のデータをiMovieに取り込んで、編集をしたら完成です。

iMovieでの編集の仕方は、以下の記事が参考になります。

参考 iMovieの使い方:Macで写真のカットや音楽で動画を編集するdvdmemory

スライドと声を同時撮りする方法

手順は以下のとおりです。

手順1
スライドを作成

まずはGoogleスライドなどを利用し、プレゼンテーションスライドを作成します。

手順2
撮影

次にプレゼンテーションをスライドショーを開始して全画面モードにします。

そしてQuickTime Playerを起動し、メニューから「ファイル」→「新規画面収録」とするとスライドショー画面と声を収録できます。

手順3
iMovieで動画編集

最後に画像と声のデータをiMovieに取り込んで、編集をしたら完成です。

iMovieでの編集の仕方は、同様に以下の記事が参考になります。

参考 iMovieの使い方:Macで写真のカットや音楽で動画を編集するdvdmemory

2つの方法のメリット・デメリット

iMovieでYouTubeスライド動画を作る方法を2つご紹介しました。

それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

スライドと声を別撮りする方法のメリット・デメリット

メリット

  • PCで台本を読みながら録音できる
  • 音声収録の際に集中できる

デメリット

  • スライドと声を別撮りするので時間がかかる
  • 編集が面倒くさい

スライドと声を別撮りする方法では、スライドと音声を別撮りします。

ですので、慣れないうちはそれぞれに集中でき、初心者にはオススメの方法です。

一方で、それぞれ別撮りするので時間がかかり、編集も面倒くさいです。

スライドと声を同時撮りする方法のメリット・デメリット

メリット

  • 短時間で撮影できる
  • 編集が簡単
  • スライド作成ソフト側でアニメーションを付けられる

デメリット

  • 慣れるまでは難しい

スライドと声を同時撮りする方法は、スライドと音声を同時撮りします。

ですので、短時間で撮影でき、編集も簡単です。

また、iMovie側ではなく、Googleスライドなどのスライド作成ソフト側でアニメーションが付けられるのもいいですね。

一方で、この方法は撮影に慣れるまでは少し難しいです。

まとめ

まとめると、

  • 撮影に慣れないうちは、スライドと声を別撮りする方法
  • 撮影に慣れてきたら、スライドと声を同時撮りする方法

とすると良いと思います。