【IFTTT】wordpressで新規投稿したらTwitterに自動ツイートする方法【動作確認も解説】

Search

この記事では、

IFTTTを使って、wordpressで新規投稿したらTwitterに自動ツイートするにはどうするの?

という疑問を解決します。

ゆうた

ハマりどころも分かりやすく解説します。

設定方法

手順1
Search

まずIFTTTのサイトにアクセスして、メニューの「Search」で「wordpress」と検索してください。

Search

Search

手順2
Wordpress to Twitter

表示結果の中から「Wordpress to Twitter」というAppletsをクリックします。

Wordpress to Twitter

WordPress to Twitter

手順3
Turn On

次に「Turn On」をクリックします。

Turn On

Turn On

手順4
Connect WordPress

Connect WordPress というフォームが表示されるので、入力項目を埋めます。

Connect WordPress

Connect WordPress

  • Blog URL: あなたのブログURL(例:「https://youdien.com/」)
  • Username: WordPressのUsername
  • Password: WordPressのPassword

この際に「Blog URL is not a valid WordPress url 」というエラーが表示された場合の説明は、この記事の最後でしています。

Blog URL is not a valid WordPress url

Blog URL is not a valid WordPress url

手順5
連携アプリを認証

次にTwitterの認証画面に移動しますので、「連携アプリを認証」をクリックします。

連携アプリを認証

連携アプリを認証

手順6
Saveして完了

このようなページに移動しますので、「Save」をクリックして完了して設定完了です。

Saveして完了

Saveして完了

Appletsの動作確認

設定が完了したら、作成したAppletsが正常に動作するか確認しましょう。

手順1
「My Applets」をクリック

まずはIFTTTのサイトにアクセスし、メニューの「My Applets」をクリックします。

「My Applets」をクリック

「My Applets」をクリック

手順2
動作確認をしたいAppletsをクリック

次に動作確認をしたいAppletsをクリックします。

動作確認をしたいAppletsをクリック

動作確認をしたいAppletsをクリック

手順3
Check now

「Check now」をクリックすると動作確認ができます。

記事がツイートされているか確認してみましょう。

すでに「Check now」でツイートした記事はツイートされないのでご注意ください。

Check now

Check now

Blog URL is not a valid WordPress url というエラー

Connect WordPressの際に、「Blog URL is not a valid WordPress url」と表示されてwordpressを連携できないことがあります。

Blog URL is not a valid WordPress url

Blog URL is not a valid WordPress url

もしエックスサーバーをお使いであれば、以下の方法でこのエラーを解決できます。

手順1
wordpressセキュリティ設定

まずエックスサーバーのサーバーパネルにログインし、「wordpressセキュリティ設定」をクリックします。

wordpressセキュリティ設定

wordpressセキュリティ設定

手順2
ドメインを選択

次に設定を行うドメインを選択します。

ドメインを選択

ドメインを選択

手順3
XML-RPC APIアクセス制限を「OFFにする」

XML-RPC APIアクセス制限を「OFFにする」をクリックします。

XML-RPC APIアクセス制限を「OFFにする」

XML-RPC APIアクセス制限を「OFFにする」

手順4
完了

現在の設定がOFFになっていれば完了です。

完了

完了