実家暮らしの僕がしている節約術をぜんぶ公開します【貯金できます】

実家暮らし 節約術

この記事では、

実家暮らしだけど貯金ができない。どのような節約術があるの?

という疑問を解決します。

ゆうた

実際に実家暮らしをして節約しまくっている僕が節約術をお教えします。

この記事のYouTube動画を作りました。動画で見たい方はこちらから!

実家暮らしでは一人暮らしよりも節約できている

そもそも実家暮らしをすることにより、一人暮らしよりかは節約ができているはずですね。

節約できている項目は以下の4つです。

  • 家賃
  • 食費
  • 光熱費・水道費
  • 通信費

家賃

一人暮らしをすると平均で6~8万円くらいの家賃がかかります。

実家暮らしでは家賃が一切かかりませんので、6~8万円が節約できていますね。

食費

一人暮らしの平均的な食費は4万円程度です。

実家ぐらしでは家族全員分をまとめて作るので一人あたり1万円程度で済みますね。

光熱費・水道費

一人暮らしでは、光熱費・水道費に月1万円程度かかってしまいます。

実家ぐらしですと共用のものが多いので、一人あたり5,000円程度に抑えることができます。

通信費

ネット回線を引いている場合、月に5,000円程度かかってきます。

これを多くの人数でシェアできる実家ぐらしでは、その分一人あたりの負担が減ります。

節約の基本

以上のようにそもそも節約しやすい実家暮らしですが、それでも節約ができない場合には節約術を基本から学ぶ必要があります。

節約の基本は、「モノ・サービスを買わない」ことです。

たまに安いものを買うことが節約だと勘違いしている人がいますが、「安物買いの銭失い」ですね。

また、節約をするために家計簿を始める人がいますが、そもそも「モノを買わない」という習慣を付けさえすれば、家計簿をつける必然性はないのです。

とはいえ、マネーフォワードのように自動で家計簿をつけてくれるアプリは有効に活用したいですね。

貯金ができる節約術

節約術

貯金をするために有効な節約術を紹介します。

上で述べたように「モノ・サービスを買わない」ための習慣も合わせて紹介しますね。

  • 通信費を見直す
  • クレジットカードを見直す
  • メルカリで不用品を売る
  • 家計簿アプリを活用
  • ものを買う前に「検討リスト」を確認

通信費を見直す

まず固定費の中でも大きな通信費を見直すことから始めましょう。

au, docomo, softbank などを利用している方は、今すぐに格安SIMに変更しましょう。

それだけで月に8,000円程度かかっていた通信費が3,000円以下になりました。

クレジットカードを見直す

クレジットカードの中には年会費がかかってしまうものやポイントがたまりにくいものも存在します。

年会費がかかる場合には、年に1,000円以上損しているという場合もあります。

また、年間で合計100万円の買い物をする場合、ポイントが1%貯まるクレジットカードを利用するだけで1万円もらえるのと同じなので、利用しない手はありません。

私のオススメは、楽天カードです。年会費も無料でポイントも貯まりますよ。

メルカリで不用品を売る

不要なものはメルカリでどんどん売っていきましょう。

私はこれまでメルカリに30点以上出品していますが、その全てを売ることができました。

メルカリの特徴として、新しいモノであればほぼ定価で売ることができます。

メルカリをどんどん活用していきましょう。

家計簿アプリを活用

節約の基本で「家計簿を付ける必要はない」とお伝えしました。

しかし、マネーフォワードというアプリは自動で家計簿をつけてくれるので、使わない手はありません。

マネーフォワードは、支出の無駄を教えてくれたり、期限切れしそうなポイントを通知してくれたりします。

モノを買う前に「検討リスト」を確認

モノを買う前には以下の「検討リスト」を確認しましょう。

  • 本当に必要なのか
  • 家族が同じものを持っていないか
  • 無料でもらえないか
  • 格安で中古を買えないか
  • 購入でポイントをもらえないか
  • それでも購入する際は

本当に必要なのか

まずはあなたが購入しようとしているものが、本当に必要なものなのかを熟考しましょう。

それは本当に「必要なモノ」ですか?それともただ単に「ほしいモノ」ですか?

これを判断するためには、「時間を置く」という方法が効果的です。

メモアプリやタスクアプリに、あなたのほしいものを記入しておき、数週間後に再度みてみましょう。

状況が変わって、購入する必要がなかったことに気づくということは意外と多いです。

家族が同じものを持っていないか

実家ぐらしの特権の一つは、家族が近くにいるということです。

家族がすでにあなたの必要なモノを購入しており、押入れにしまっているということも多いです。

まずは家族に尋ねてみましょう。

無料でもらえないか

家族が同じものを持っていなかった場合には、無料でもらえる方法がないかを探ってみましょう。

ジモティーというアプリを使えば、あなたの必要なものを無料で譲っているケースも多いですよ。

格安で中古を買えないか

ジモティーにその商品がなかった場合、中古で買えないかを確認しましょう。

アプリですと、

  • メルカリ
  • フリル
  • ヤフオク

などを確認すると良いでしょう。

セカンドハンドのお店を回るのも良いですね。

購入でポイントをもらえないか

中古でも商品がない場合はあまりないと思いますが、それでもない場合には、購入でポイントをもらうことを考えましょう。

利用するのは、

  • クレジットカード
  • 支払いアプリ
  • ポイントサイト

です。

クレジットカードは上述したとおりです。

支払いアプリは、PayPayなどです。キャッシュバックキャンペーンを上手に利用しましょう。

ポイントサイトは、

  • モッピー
  • GENTAMA
  • colleee

などがあります。

それでも購入する際は

以上のどれにも当てはまらず、それでも購入すると決めた場合には、以下のことを気をつけましょう。

それは、「手放すときのことを考える」です。

購入したあとに、必要なくなった場合のことを考え、

  • 商品の箱を保管
  • 入っていた書類を保管
  • 商品を丁寧に扱う

などのことを気をつけるようにしましょう。

これらのことを気をつけるだけで、メルカリなどで売る際に高く売れますよ。

まとめ

この記事のまとめです。

  • 実家ぐらしはそもそも節約しやすい
  • 節約の基本はそもそもモノを買わないこと
  • 様々な支出を見直す
  • モノを買う前に「検討リスト」を確認

以上です!