実家暮らしと一人暮らし、メリットとデメリットを比較【体験談アリ】

実家暮らし 一人暮らし メリット デメリット

この記事では、

実家暮らしと一人暮らし、それぞれのメリットとデメリットは?

という疑問を解決します。

ゆうた

実家暮らしと一人暮らしをどちらも経験済みの僕が解説します。

実家暮らしのメリット・デメリット

実家ぐらしのメリット・デメリットは以下になります。

実家暮らしのメリット
  • 生活費が節約できる
  • 家事をしなくてよい
  • 精神的に安定する
実家暮らしのデメリット
  • お金を家に納める必要がある
  • 世間の目がツライ
  • 出会いがない

実家暮らしのメリット

生活費が節約できる

実家暮らしの一番のメリットはやはり、生活費がかからないことです。

東京で一人暮らしをしていた頃と、九州の田舎で実家暮らしをしている現在の生活費を比べると以下のようになります。

一人暮らし

  • 家賃:120,000円
  • 食費:60,000円
  • 通信費:10,000円
  • 水道・光熱費:50,00円
  • 交通費:10,000円
  • 趣味・娯楽:5,000円
  • 教養・教育:5,000円

合計:215,000円

実家暮らし

  • 家賃:0円
  • 食費:0円
  • 通信費:1,200円
  • 水道・光熱費:0円
  • 交通費:0円
  • 趣味・娯楽:325円
  • 教養・教育:540円

合計:2065円

その差、212935円!!!

やばいですねw

ゆうた

1つずつ解説します。
家賃

一人暮らしのときは、部屋がオフィスも兼ねていたので家賃が120,000円でした。一人暮らしにしてはかなり高い料金です。

実家に戻れば自分の部屋もありますので、生活スペースとオフィスのどちらもお金がかかりません。

食費

一人暮らしのときは、食費がかなり高く60,000円程度かかっていました。というのも、自炊は一切せず、スーパー・コンビニで買う or 外食をしていたからです。

実家では母親が料理してくれますので、お金は一切かかりません。

通信費

一人暮らしのときは、インターネット料金(6,000円)+スマホ利用料(4,000円)で10,000円程度かかっていました。

実家に戻ってからはスマホ料金を少し抑え1,200円にしました。

水道・光熱費

水道・光熱費は実家では一家まとめて払いますので、0円です。

交通費

東京に住んでいた時には仕事で電車をよく利用していましたので、交通費が10,000円程度かかりました。

実家ではどこかに出かけることがなくなりましたので、0円です。

趣味・娯楽

東京に住んでいた時は、あまり知り合いもおらず休みの日には基本的に一人でしたので、娯楽に50,00円もお金をかけていました。

内訳は、お酒、Netflix、Amazonプライム などです。

実家では家族という話相手もいますし暇じゃないので、Amazonプライム のみを継続しています。

教養・教育

趣味・娯楽と同様の理由で、読書のための本をたくさん購入していました。

実家にはこれまでに買い溜めた本がたくさんありますので本を新規購入する必要はなくなりました。

ニコニコ動画のメンタリストDaiGoのチャンネルの課金だけ継続しています。

家事をしなくてよい

実家暮らしの良い点は、毎日の家事をしなくて良いということです。

料理、洗濯などの基本的なことは母親が役割を担っているので、する必要はありません。

たまに家の掃除やゴミ出しを手伝っていますが、毎日の家事がなくなるのはとても楽です。

精神的に安定する

実家暮らしですと、日常的に会話をする相手(家族)がいますので精神的に安定します。

また上記の「生活費が節約できる」「家事をしなくてよい」ことによる心の余裕も生まれます。

実家暮らしのデメリット

お金を家に納める必要がある

実家暮らしをさせてもらっているわけなので、家にお金を納めると思います。

平均的には3万円程度を家に納める人が多いようです。

世間の目がツライ

実家暮らしをしていると、世間的に自立していないとみなされることも多いですね。

ただ田舎ですと、結婚するまで実家暮らしは普通のことなので、実家が田舎の方はあまり気にする必要がないと思います。

出会いがない

実家暮らしですと、やはりどうしても家で家族と過ごす時間が増えがちですので、出会いが少なくなってしまいがちかもしれません。

一人暮らしのメリット・デメリット

一人暮らしのメリット・デメリットは以下になります。

一人暮らしのメリット
  • 自由に暮らせる
  • 生活スキルが身につく
  • 親のありがたみが分かる
一人暮らしのデメリット
  • お金がかかる
  • やるべきことが多い
  • 友達や恋人がいないと寂しい

一人暮らしのメリット

自由に暮らせる

一人暮らしの最大のメリットは、自由に暮らせることです。

例えば、

  • 親から干渉されない
  • プライベートが確保できる

などです。

生活習慣や人付き合いなどに関して親からとやかく言われることがなく、部屋に友達・恋人を呼ぶのも自由です。

友達と朝まで飲み明かしたとしても、誰に文句を言われることもありません。

生活スキルが身につく

一人暮らしでは、以下のことをすべて自分でする必要があります。

  • 食事の用意
  • 掃除
  • 洗濯
  • ゴミ出し
  • 買い物
  • 書類の手続き

故に生活スキルが身につき、将来役立つ知識となることがありますよ。

親のありがたみが分かる

意外と忘れがちな一人暮らしのメリットに、「親のありがたみが分かる」があります。

親は何でもしてくれて、相談にも乗ってくれる存在でありながら、近くにいるとそのありがたみに気づきにくいものです。

一度一人暮らしを経験することで、親をより大事にしようという思いが芽生えるものです。

一人暮らしのデメリット

お金がかかる

実家暮らしのメリットでも紹介しましたが、一人暮らしはなにかとお金がかかります。

やるべきことが多い

これは、一人暮らしのメリット「生活スキルが身につく」の裏返しです。

一人暮らしですと、どうしても日常的にやる必要のある作業が増えます。

友達や恋人がいないと寂しい

友達や恋人がすぐにできれば問題はないですが、できなかった場合には孤独になります。

私は大学1年生の頃、友達も恋人もおらず、とても寂しい思いをしましたw

まとめ

実家暮らしと一人暮らしには、どちらにもメリットとデメリットがあります。

ただお金の観点から言うと、必要性が生じるまでは実家暮らしをしていた方がお得だと思います。

なぜなら、仕事や結婚を機に親元を離れる生活はいつか訪れる可能性が高いからです。

大きな決断なので、メリットとデメリットを考慮した上で決断したいですね。