【Mac】Elgato Game Capture HD60 Sを使ってSwitchのゲーム実況する方法【ライブ配信も】

つなげ方

この記事は、

Elgato Game Capture HD60 Sを使ってMacでSwitchのゲーム実況をするにはどうすればいいの?

という方向けの記事です。

Elgatoを使ってMacでSwitchのゲーム実況をする方法

手順を説明していきます。

手順1
必要なものを準備

当然ですが、まずは以下の3つを用意してください。

Elgato Game Capture HD60 S

Elgato Game Capture HD60 Sには、Elgato本体に加えて以下の2つも付属してきます。

  • HDMI to HDMI ケーブル
  • USB to USB-C ケーブル

Mac

最近のMacはUSB type-Cの接続しかできないので、変換アダプターも必要です。

MEMO

配信用にマイクもあると音質が上がるので良いのですが、最初はMacの内蔵マイクを使えば十分です。

手順2
接続

用意したデバイスを以下のようにして接続します。

つなげ方

つなげ方

手順3
ソフトウェアをダウンロード

Elgatoのソフトウェアをダウンロードします。

こちらのダウンロードページで「Game Capture for Mac」というソフトをダウンロードします。

Elgato download

Elgato download

手順4
起動と接続

ダウンロードしたソフトウェアを起動すると以下のような画面になるので、「デバイス」から「Elgato Game Capture HD60 S」を選択します。

起動と接続

起動と接続

手順5
準備完了

以下のようにSwitchの画面が映されたら、準備完了です。

準備完了

準備完了

手順6
録画と録音

「録画」ボタンをクリックすると録画が開始します。

また、「解説」ボタンをクリックすると自分の声を録音できます。

録画と録音

録画と録音

手順7
顔を入れる

動画に自分の顔を入れたい場合には、「ストリームコマンド」で📹マークのあるものを選択します。

顔を入れる

顔を入れる

手順7
録画した動画の確認

録画した動画を確認したい場合には、「編集」タブの中の「ビデオ」セクションを確認します。

「共有」セクションでSNSに直接投稿したり、「ムービー」フォルダに保存したりできます。

録画した動画の確認

録画した動画の確認

ライブ配信(生放送)をする方法

Elgato Game Capture HD60 Sならライブ配信(生放送)もすごく簡単ですよ。

手順1
+をクリック

ソフト画面右側の「キャプチャ」タブの中にある「+」をクリックします。

+をクリック

+をクリック

手順2
配信プラットフォームを選ぶ

すると以下のように配信プラットフォームが表示されるので、選択します。

配信プラットフォーム

配信プラットフォーム

手順3
手順に従う

するとブラウザで手順が示されるので、それに従います。

ほとんどポチポチクリックするだけです。

手順4
ストリームをクリック

ソフトウェアの画面下の「ストリーム」ボタンの右側に配信プラットフォームが表示されます。

「ストリーム」ボタンをクリックしたら、自動的にライブ配信(生放送)がスタートします。

ストリームをクリック

ストリームをクリック

以上の方法を使ってYouTubeで配信を開始した場合は、公開設定がデフォルトで「非公開」になっていますので、それを「公開」に変更する必要があります。

ゲーム配信市場はこれからも盛り上がるので、やる気があるのなら今のうちに参入しておくと良いです。

Elgatoはゲーム配信に必須なアイテムです。早めにポチッと購入しましょう。