【経験談】努力が苦手でも「成功」できる方法【ポイントは3つある】

【経験談】努力が苦手でも「成功」できる方法【ポイントは3つある】

どうも、ゆうた(@youdien_blog)です。
先日に以下のツイートをしました。

努力するのが苦手な人は、極限までリスクを取れば成功角度を上げられます。

・借金して仮想通貨に300万円投資
・人脈も実績もなしで上京して起業
・貯金ほぼゼロで海外に移住

上記は全て僕がやったことで、失敗することもありますが、期待値が100%以上なら全力でリスクとり、ある程度成功しました。

僕が現在23歳ですが、圧倒的リスクを取ることで以下の実績を作りました。

  • 大学時代に飛び級制度に採用
  • 大学時代にwebサービスを2ヶ月で売却
  • 22歳で起業し、2回の資金調達に成功

しかし努力することは苦手でして、大学入試にも失敗しています。
本記事では、努力が苦手でも成功できる方法を解説します。

努力が苦手でも成功できる方法

努力が苦手でも成功できる方法

結論はシンプルで「圧倒的なリスクを取ること」です。

リスクを取れば努力を補える

リスクを取れば努力をショートカットすることが可能です。

例えば、デザイナーになりたいけどパソコンを持っていない場合、解決法は「努力する」と「リスクを取る」の2つがあります。

それぞれの方法論は、以下の通りです。

  • 努力する:6ヶ月バイトして、貯金30万円を作りパソコンを買う
  • リスクを取る:30万円借金してパソコンを買う

努力で解決しようとする場合は6ヶ月かかりますが、リスクを取ることで今すぐにデザイナーになることが可能ですね。

このように、成功するためには「努力する」方法だけでなく、「リスクを取る」方法があるのです。

リスクを取れば状況を挽回できる

僕は大学時代にwebサービスを作ってお金儲けがしたいと思っていました。

しかし、当時の僕はプログラミングが全く出来なかったので、10ヶ月かけて独学する代わりに10万円払って1ヶ月間プログラミングスクールに通いました。

10ヶ月の努力をするよりも、10万円払うというリスクを取って1ヶ月でプログラミングをマスターしたのです。

その後にwebサービスの開発し、2ヶ月で数百万円での売却に成功しました。リスクを取れば、状況を挽回することが出来ますよ。

長期思考+期待値思考が重要です。

リスクを取るときのコツとして、長期思考と期待値思考が重要です。

  • 長期思考:長期での成功を考える
  • 期待値思考:投資額に対するリターンの大きさで成功を考える

僕がプログラミングスクールに10万円を払った例で考えてみます。そのときの僕の思考法は、以下のとおりでした。

  • 投資額は10万円かかる
  • 独学するよりも9ヶ月早く習得できる
  • 自分の9ヶ月の価値は10万円以上あるはず
  • 更にWebサービスを開発し売却すれば数百万円は儲かる
  • 10%くらいの確率で売却できるのでは?

要するに、1年くらいの長期スパンで考えれば10万円以上のリターンが期待できるだろうと考えたわけですね。

詳しい説明は省きますが、期待値の特徴として、「回数を増やすほど実際のリターンの値は理論値に近づく」という性質があります。

つまり長期思考+期待値思考でたくさんの挑戦を繰り返せば、トータルでは成功するわけですね。

リスクはリスクじゃないことが多い

実際にはリスクじゃないのにリスクだと思いこんでしまっているケースも多いですよ。

例えば起業して人脈をつくりたいと考えたとき、FacebookやTwitterで手当たりしだいに連絡を送れば人脈はすぐに作れますよね。

しかし、手当たり次第に連絡を送ることをリスクと思い込み、実行に移せない人が多い印象です。

他には例えば、「イベントの質疑応答で手を上げて質問すること」は何のリスクでもないですが、多くの人はそれができませんよね。

特に日本人は勇気を出してリスクを取れない人が多いので、リスクを取れるというだけで無双できますよ。

リスクを取って成功するための方法

リスクを取って成功するための方法

3つあります。

  • ポイント①:100倍ペースで行動する
  • ポイント②:貯金を全て自己投資に回す
  • ポイント③:借金して時間を買う

順番に見ていきます。

ポイント①:100倍ペースで行動する

一般人の100倍のペースで行動に移しましょう。例えば以下です。

  • 一般人:10年後に海外移住したいなあ
  • あなた:1ヶ月後にプチ移住をしよう

具体的な方法論は「成長速度を100倍にする方法は、スケジュール化です【行動を爆速化せよ】」にも書いています。

要点をネタバレすると、頭の中でぼんやりと考えている将来の目標を100倍速ペースでスケジュール化することです。

10年後に航空券を買うのも1ヶ月後に買うのも労力はかからないので、リスクを取っても痛みは少ないですよ。

ポイント②:貯金を全て自己投資に回す

若いときの貯金ほど無意味なものはありません。

若いときに貯金できる額などたかが知れてますし、同じ額を自己投資するなら若いほど効果的ですよね。

生活費以外の貯金はすべて自己投資に回し、将来のリターンにかけましょう。成功したいなら自分の市場価値を上げるしかないので、自己投資は必須ですよ。

自己投資のおすすめの方法は、実践しながら学ぶことですね。起業しながら学ぶとか、海外移住して現地で働きながら考えるなど。

ポイント③:借金して時間を買う

借金するのも努力をショートカットするのに良い方法です。
ただし借金はリスクの低い人からすることが重要ですね。

僕は仮想通貨に300万円を投資しましたが、祖父母から借金し、代わりに運用するという方法をとっていました。

リスクを取ることは重要ですが、無駄なリスクは排除すべきですね。

自分の家族はこの世で一番説得が簡単なはずなので、親を説得してリスクを取ることができないと成功はムリですよ。

リスクを取れば圧倒的な存在になれる

同じ結果を達成したとしても、リスクを取って短期間で成し遂げれば圧倒的な存在になれます。

例えば以下の二者ではどちらの話を聞きたいと思いますか?

  • 10ヶ月でプログラミングを習得した人
  • 1ヶ月でプログラミングを習得した人

答えは圧倒的に後者です。

圧倒的になることができれば、就活や起業、SNSなどで実績として利用することができます。お得ですよね。

努力が苦手でもリスクを取って圧倒的な存在になれば、成功をつかむことが十分に可能ですよ。

どうも、ゆうた(@youdien_blog)でした。