サイクリングマシンを使い始めて運動・読書が捗る

サイクリングマシン

サイクリングマシンを使い始めました。

サイクリングマシン

サイクリングマシン

サイクリングマシンを使い始めたことにより、運動だけでなく読書も捗るようになったのでご紹介します。

サイクリングマシンで運動が捗る

サイクリングマシンを部屋に導入したことで、運動が劇的に捗るようになりました。

というのも、運動するまでにかかる時間が0.5秒程度なので、始める障壁が以上に低いからです。

YouTubeを見たいときやラジオを聞きたいときに、体が暇になるので「サイクリングマシンでも乗るか」となりやすいのです。

サイクリングマシンで読書が捗る

サイクリングマシンを導入すると読書が捗りますよ。

読書をするときの姿勢として、以下のようなものがあると思います。

  • 座って読む
  • 寝転んで読む

座って読む

座って読むと同じ姿勢を長時間維持することになるので、疲れてきます。

これは血流のめぐりが悪くなっているということも一因になっています。

寝転んで読む

寝転んで読書って私服の一時ですよね。

しかし寝転んで読むときに天井の証明が眩しく、それ故に本の文字が暗くなりませんか?

しかも集中して読書をしたい場合には、寝転んで読書はあまり効率がよろしくありません。

3つ目の姿勢:それはサイクリングマシンだ!

読書をする際にサイクリングマシンに乗るのがオススメです。

というのも、座って読む際のデメリットである血流の巡りが悪くなるということがなく、寝転んで読むときのように集中力が落ちるということもありません。

血流の巡りが良くなると、頭の回転も良くなり、読書の内容がどんどん頭に入ってきます。

読書にサイクリングマシン、最高ですよ。