【レビュー】フリーランスの税金対策におすすめのマンガ本の紹介!

フリーランス 税金 漫画

会社員時代には税金について何も考えなくとも会社が代わりに色々とやってくれてましたが、フリーランスになるとそれを全部自分でしなければならず、大変ですよね。

そんな時におすすめの、わかりやすいマンガ本「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!」が登場しました。

 

 

著者・イラストレーターの紹介

この本は、大河内薫さん(税理士)と若林杏樹さん(漫画家)が共作した作品です。

 

大河内薫

SNSで活躍している税理士さん。クリエイター業界の税務や仮想通貨などの新しいテクノロジーに関する税務などに詳しく、YouTubeなどを中心に活躍されています。

<twitter>

 

若林杏樹

SNSで活躍している女性漫画家さんです。あんじゅ先生の徒然なる漫画ブログで、漫画形式の雑記ブログを運営されています。

「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!」を読むとわかるのですが、元大学職員だそうです。

<twitter>

 

この本の内容

知らないと損する!
学校でも会社でも教えてくれない、フリーランスの税金の話。

「そもそも税金って何を払うの?」
「どこまでが経費?」
「節税する方法があるって本当?」
「確定申告って何から手をつければいいの?」
「何がわからないかもわからない!」

フリーランスになったらぶつかる税金の悩みを新米フリーランスである著者が、日本一フリーランスに優しい税理士の先生にギリギリまでぶっちゃけて教えてもらいました。

「こんなはずじゃなかったのに…」になる前に、知っているだけでトクする情報がもりだくさん。

さらに、仮想通貨や副業など今どきの事情にも対応。

新米フリーランスの人や、まだ確定申告をしたことがない人はもちろん、これからフリーランスになりたいと考えている人にも、是非読んで頂きたい1冊です。

引用:amazon商品ページ

 

この本では、税金に関する基本や確定申告のやり方、さらに節税などの知っておくと得する情報などがマンガ形式でかなりわかりやすく紹介されています。

所得税、住民税、事業税、消費税の4つについての説明から始まり、社会保険について
など、それらの項目をひとつずつ学ぶことができます。

また個人的に特に興味を引かれた項目を以下でご紹介します。

 

「どこまで経費になるの?」

フリーランスの確定申告で困るのが、「どこまで経費になるの?」という疑問。

本書では、「電子書籍やnote」「クラウドファンディング」「セミナーや懇親会」「自販機」「ご祝儀やご香典」などが経費になるかをはじめ、「Amazon prime」や「アイドルのファンイベント」などについても経費になる場合が紹介されています。

 

節税方法

節税方法に関しては、ふるさと納税、小規模企業共済、iDeCoなどの効果的な方法が詳しく紹介されています。

これらはよく耳にするものばかりですが、意外と詳しく知らない場合が多いと思いますので、マンガで要点を掴めるのはありがたいです。

また、「節税の落とし穴」として注意すべき点もしっかりと取り上げられています。

 

副業が会社にバレない裏技

「副業が会社にバレない裏技」まで紹介されているのでびっくりですよね。副業が会社にバレる場合の理由と、その対策方法が一節使って解説してあります。

こんな人におすすめ

この本は、以下のような人におすすめできます。

  • フリーランスもしくは副業で稼いでる人
  • 税金についてほとんど知識がない人(課税所得、青色申告、ふるさと納税、小規模企業共済、iDeCo、などを説明できない人)
  • 節税をしたい人

また、amazonでは、80%以上が星5つの評価をしており、平均星4.5とかなり高いですよ。それ以下の評価をしている方は、税金について既にある程度知識を持っていて、「内容が基本的すぎる」と言っている感じです。

フリーランスや副業で稼いでいる方で、税金について簡単に概要を学びたいという方には本当におすすめの一冊です。ぜひ読んでみてください。