【書評】「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」(染谷昌利)を読んでみた!

ブログ飯

ゆうた

こんにちは、ねこたろです。

「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」(染谷昌利)は、ブログを始める方の教科書のような本です。

タイトルの意味は、「ブログで飯を食う」という意味であり、そのために必要なコツやステップ、実情などについてわかりやすく解説されています。

著者の染谷昌利さんは、もともと普通の会社員として働いていた傍、趣味でブログを書いていたそうです。会社の業績不振をきっかけに退社し、独立のためにブログを本職として始めたとのことです。

染谷昌利さんのブログを始めた背景については第1章に詳しく書かれています。この記事では、第二章以降の、「ブログ飯」を達成するための重要なポイントのみを厳選してご紹介します。

ブログ運営で最も重要なポイント

これからブログを運営していく際に重要なポイントを2つ解説します。

一つ目は「何を書くか」(テーマ)について、二つ目は「何のために書くか」(目的)についてです。

一つ目の「何を書くか」の決め方は、最低30記事は書けるようなテーマ選びが重要とのことです。無趣味な人でも、日常生活の中で「ついやっちゃってた」というものがいくつかあると思います。

例えば、旅行、映画、ゲーム、読書、勉強など、探せばいくらでも見つかります。一晩でも二晩でも語れるくらい好きなテーマがを選ぶことが重要です。

それでも見つからない人は、仕事の合間の休憩時間で話していることを思い出したり、自分史を作ってみたり、逆に「嫌いなことリスト」を作ってみたりすると書くべきテーマを見つけやすいと言います。

二つ目にの「何のために書くか」は、目的を明確化するということです。なんとなく頭で考えているだけでなく、明文化することにより「覚悟」が生まれるとのことです。

「何回かブログをやってみたけど、何回やっても数ヶ月で止まっちゃうんだよね」という人は、目的が曖昧になっていることが多いと言います。

 

誰に何をどうやって伝えるか

上記の「ブログ運営で最も重要なポイント」を押さえていればブログを始める最初のステップはクリアです。次に重要なのが、「誰に何をどうやって伝えるか」について以下の3つのポイントです。

●「なぜそのブログをあなたが始める必要があるのか」

●「誰にあなたのメッセージを伝えたいのか」

●「どのような表現手法であなたのメッセージを分かりやすく伝えるのか」

「なぜそのブログをあなたが始める必要があるのか」

自分のブログを書くのが「なぜ自分なのか」を意識しておくことが重要とのことです。これにより文章の雰囲気が変わり、メッセージ性も強くなるそうです。

これは「ブログ運営で最も重要なポイント」の「何のために書くか」にも通じるポイントですね。

「誰にあなたのメッセージを伝えたいのか」

「誰に伝えるか」という点を意識する、つまりターゲット設定が重要とのことです。この点を意識しているブログは意外と少ないとのことなので、他のブログから頭一つ抜けるポイントになります。

例えば、「沖縄旅行を予定していてオススメの観光スポットを探している夫婦」、「アクセスアップの方法を探しているブロガー」、「アフィリエイトで稼いで会社を辞めたいと思っている人」などの具体度で決めると良いそうです。

「どのような表現手法であなたのメッセージを分かりやすく伝えるのか」

文章が得意ならば文章を書けば良いですが、それ以外の方法を使っても良いとのことです。例えば、写真、動画、プレゼンテーションスライドなど、ブログでメッセージを伝える手段はたくさんあります。

 

ブログのネタは、実体験から生まれる

ブログのファンがなかなか増えないときは、自分の経験・知識不足であることがよくあるそうです。著者は「経験・知識不足」のことを樹木の根っこに例えて、それを鍛える方法を以下のように述べています。

根っこを鍛えるには、ごく単純ですが、とにかく体験することです。実感に裏打ちされた文章には、体験した人間でしか書きえない臨場感があります。文章に説得力が増すのです。ちょっと検索して知った気になっている人間が書いたものと比べると、それは一目瞭然。ブログ全体の魅力にもつながります。関連した本を読みましょう。いろんなところに出かけましょう。

上記に加えて重要なのが、体験をメモしておくことだそうです。Evernoteなどを利用し、スマホでこまめにメモする習慣をつけることが重要だそうです。

また、「経験・知識」を増やすのにおすすめの方法として、「人気ブログをじっくり読む」もあげています。著者はs「LIGブログ」、「ホームページを作る人のネタ帳」、「Webクリエイターボックス」などをおすすめしています。

 

一記事一記事を全力投球

文章を書く際は常に全力投球。使える知識やあなたの主観などをもりだくさんにして下さい。手を抜いたような文章は、読み手にはすぐ分かります。それに、手抜きをしてもあなたの能力が向上することはありません。知識やノウハウというのはインプットするだけでは不十分です。しっかりとアウトプットすることによって再認識し、あなたの血肉になっていくのです。

著者曰く、手を抜いて書いた記事は必ず読者に伝わってしまうそうです。さらに手抜きをしたいたのではブログ記事が資産にならないだけでなく、「ブログを書くスキル」も資産にならず、結果として無駄になってしまいます。

一記事一記事を全力投球で書くことで、「記事」と「スキル」という資産が手に入り、当初に定めたブログを書く目的をより早く達成することにつながります。

 

アフィリエイト収益を左右する3つのリサーチ

徹底的にリサーチする習慣を身に付けましょう。やることは3つ。

●自分と自分の売りたい商品のリサーチ

●マーケットのリサーチ

●売る想定の人物像のリサーチ

自分と自分の売りたい商品のリサーチ

紹介する表品について事細かにリサーチすることで他のブログとの圧倒的な差が生まれるとのことです。例えば、商品の特性・長所・短所・独自性・他人からの評価・価格(価値)・色・形状・生産者のキャラクター・こだわり・開発秘話など、考えられる要素を全て書き出し、魅力を余すことなく表現できる必要があると言います。

マーケットのリサーチ

実際に外に出てリサーチすることで、現場の雰囲気を肌感覚で味わい、自分の経験値を飛躍的に向上させられるそうです。

著者のおすすめは、最初に書店に足を運ぶことだそうです。売れ筋の本をみて世間の興味関心を知ったり、立ち読みをしている人の多いジャンルを知ったり、平積みされているコミックをみたりすることで、ネットにはない情報を知ることができます。

次のステップとして、自分の売る商品を販売している店舗に実際に足を運び、客層を見たり、店員さんを話したりするのだそうです。

かなり面倒ではありますが、実際に現場に出向きリサーチをすることで、記事の厚みが生まれ、他のブログよりも一歩前進することができます。

 

独自性を発揮してブログ飯を達成するための3つのステップ

ブログを書くことに慣れてきたら、今度はあなたの「ウリ」は何なのかを徹底的に掘り下げてみましょう。「ウリ」とは、ユニーク、すなわち独自性を持った存在ということです。

独自性を生み出すには以下の三つのステップが有効だそうです。

  1. 自分の強みをリスト化
  2. 強みの精査
  3. 強みが誰のメリットになるのか考える

1. 自分の強みをリスト化

まず「これなら誰にも負けない」という自分の強みをどんどん出していきます。これは世界一、日本一、仲間内で一番など、なんでも良いのでとりあえず出せるだけ出すことが重要とのことです。

2. 強みの精査

次に、ありきたりでないか、本当に好きなのか/得意なのか、などを精査していきます。このステップで、自分の意外な特技に気づいたり、逆に今まで好きだと思っていたことがそうでもないということに気づくこともあるそうです。

余計な項目を削ぎ落とし、最終的に残ったものがあなたの本当の強みです。

3. 強みが誰のメリットになるのか考える

強み(独自性)を出すことは重要ですが、それが果たして誰かのメリットになるのかを考える必要があります。誰のメリットにもならないようでは読者は生まれずに、ブログ飯を達成することは難しいです。

 

以上の3つのステップを行うことで、独自の価値を提供でき、レベルアップを行うことができるそうです。しかし、実際に行なっているブロガーはほとんどいないそうなので、プロのブロガーを超えていくために、とても有効な方法だそうです。

 

まとめ

「ブログ飯」には目新しい内容は特に書いていないですが、常に意識しておくべき重要な基礎が詰まっています。

著者は、ブログの草分け的存在で、ブログの初期の頃からこの業界にいる方です。ですので、その体験談・方法論・戦略を平易な文章で解説しているこの本は、ブログを始める方にとって必読と言って良いでしょう。

最後に、一番印象に残った著者の言葉を引用して、この記事を締めたいと思います。

 

お金が貯まったら、時間ができたら、今の仕事が一段落ついたら……などの理由で、やりたいことができないと嘆いている人をよく見ます。でも、そろそろ、あてのない未来のために、今を犠牲にすることはやめませんか。