【ケンブリッジ流】毎日ブログ更新が続くたった1つの方法

こんにちは、ねこたろです。

ブログ更新が19日目を迎えました。

 

さて、ブログで成功したいなら「毎日ブログ更新」が欠かせませんよね。

有名ブロガーのマナブさんも以下のような記事を書いています。

参考 ブログを毎日更新することのメリットとデメリット【420日を達成済み】manablog

 

この記事では、毎日ブログ更新をするためのたった1つの方法をご紹介したいと思います。

参照元は、偏差値30から怒涛の追い上げでケンブリッジに合格した著者の本です。

毎日ブログ更新が続くたった1つの方法

毎日ブログ更新が続くたった一つの方法は、ズバリ「自己効力感」を高めることです。

ホントかよ?って思いましたか?

心理学的に実際に効果の高い方法なので、実践してみる価値は大いにありますよ。

自己効力感とは?

自己効力感とは、自尊心などと近い概念です。

具体的には「自分は物事を達成できる人間だ」と思える感覚のことを言います。

  • 自分で定めた目標を達成できるという感覚が持てるかどうか?
  • 自分に期待感が持てるかどうか?

が努力を継続できるカギになります。

自己効力感をアップさせる4つの方法

ノースカロライナ大学の教育心理学者デール・シュンクによると、自己効力感をアップさせる方法は以下の4つがあります。

  1. 自分が目標設定すること
  2. フィードバックがあること
  3. 進捗が管理されていること
  4. 自分の頑張りによって達成できるという意識があること

1. 自分が目標設定すること

自己効力感をアップさせるためには、自分が目標設定したことのために努力をする必要があります。

自分の価値観に合った目標のために努力している過程が、自己効力感を高めてくれます。

2. フィードバックがあること

2007年の研究によると、仕事のやりがいがあるかどうかを左右する要素の1つに「フィードバックがある」があります。

フィードバックがあることで、やりがいを感じやすくなり、結果的に自己効力感アップにつながるのです。

3. 進捗が管理されていること

努力を数値化することは、継続に大きな効果があります。

レコーディング・ダイエットが大流行したのも、進捗が管理され、継続しやすいことが原因です。

4. 自分の頑張りによって達成できるという意識があること

これは自己効力感の定義とほぼ同義です。

最終的にこの意識を持つことで、自己効力感が備わったと言えます。

具体的な行動に落とし込もう

上記の4つを満たすことで、自己効力感をアップでき、毎日ブログ更新に繋がります。

では、上記4つを具体的な行動に落とし込むためには、どのようにすればよいでしょうか?

ツイッターを有効活用しよう

上記の4つのうち、2番目の3番目を満たすためにはツイッターが効果的です。

  • フィードバックがあること
  • 進捗が管理されていること

具体的には、ブログ更新をしたら継続日数とともにツイートすると良いですよ。

僕も実践しています。

毎日更新のツイートは、いいねも集まりやすく、フィードバックも得られます。

まさに一石二鳥ですね。

スモールステップで「成功体験」をつくる

臨床心理学で「コーピング・クエスチョン」という概念があります。

これは、問題を抱えているクライアントに「では、どう対処するか?」という具体的な解決策を引き出す質問のことです。

これを自分自身に適応し、「過去の体験でどういうわけか自然に継続できたことはないか?その時はどう対処したのか?」を最低2分間考えてみてください。

過去の成功体験の方法論を思い出し、同時に当時の感情を思い出すことで、自己効力感アップに繋がります。

思い出せないなら、小さなチャレンジをする

もし過去の成功体験を思い出せないのであれば、今から小さな成功体験を作りましょう。

例えば、「毎日早起きする」のようなささいなことで構いません。

もしこれに失敗したとしても、自分を責めるのではなく、どうすればこれを達成できるのか?と自問自答し、解決策を考えてみてください。

このような試行錯誤を繰り返し、小さな成功体験を作ることで、自己効力感が育っていきます

毎日ブログ更新を積み上げよう

毎日ブログ更新ができない人は、努力が足りないのではなく、努力のやり方が間違っているだけです。

僕も日々、正しい努力のやり方を模索しています。

一緒に毎日ブログ更新頑張ってくれる仲間募集中です!

僕のTwitterはこちら